会社情報

会社概要

会社名株式会社ダンク
代表取締役井上 弘治
事業内容広告の企画・制作、広告の校正・校閲、図書および映像出版物の企画・制作
設立年月日1994年(平成6年)6月9日
資本金1,900万円
住所 〒110-0016 東京都台東区台東1-7-1 邦洋秋葉原ビル2F
電話番号03-3834-9087(駒草出版 代表)
FAX番号 03-3834-4508(同上)
URLhttp://www.komakusa-pub.jp/(駒草出版 HP)
https://dankgroup.jp(ダンクグループ HP)

理念

駒草出版の出版とは
 

人間が時間という感覚と概念を意識化したのは、この2000年という紀元を一つの尺度としています。それは、同時に宗教的な精神世界の覚醒をもうながしました。

 

そのたった2000年の間に、人々は多くの過ちを繰り返しながら、一方では新たな精神世界の確立とテクノロジーを急速に発達させてきました。そして次の100年あるいは次の1000年を目前にして、時間に対する感覚はあたかもそのテンポの速さに、人間という概念さえも破壊してしまうのではないかと危惧するほど、悪魔的な様相を帯びてきたのです。

 

しかしその時間という制度さえも、その時代を制覇した権力によって制度化されたものなのだということを忘れてはいけないでしょう。さらに、この人間という概念も、宗教も戦争の道具としての武技もコンピューターも、この地上のあらゆるものを規定し創造したのもまた人間のおこないなのです。

 

それでは、人間とはいったいなんなのでしょうか……。おそらく、人間とは先験的にその残虐性と無知を持たされてこの地球に君臨した何ものか、なのです。もっといえば、その存在の奥底にいいようもない悲しみを湛えた存在なのです。それはわたしたち人間が、そのつどの時の制度や権力に、その命運をゆだねてしまわざるをえないという「悲しみ」なのです。

 

人間は意識と無意識の狭間をゆっくりと漂うことでしか存在しえない何ものか、なのではないでしょうか。しかし、わたしたちは「考えること」によって闘うこと挑戦することの意味を知っています。なぜなら、闘うことは「乗り越える」ことだからなのです。

 

「考えることは、闘い挑戦することである」。自らの内面と闘うこと、人間という制度と闘うこと。人間であることの責任において、無意識のうちに創り出した人間という概念を乗り越えることでもあるのです。

 

駒草出版は、「考えること」によって、「見えないものを見る」闘いの一つとしてここに創立します。人間である「悲しみ」を乗り越えることで、新たな人間を創造する試み、これが駒草出版の出版におけるマニフェストだと考えます。

株式会社ダンク
代表取締役 井上 弘治

沿革

『見返りにっぽん』で、(有)ダンク 出版部(代表取締役:井上弘治)スタート (発売:星雲社)
『王者の魂~私たちは馬場さんを忘れない』(DVDブック)で、(有)ダンク 出版部が駒草出版(株)とともに新生「駒草出版(株)」(代表取締役:井上弘治)としてスタート
『白いおばけのスー~親子で学ぶ防犯絵本』で主人公スーがセコム社「ココセコム」のイメージキャラクターに採用される
「駒草出版(株)」が(株)ダンク(代表取締役:井上弘治)と合併し、(株)ダンク出版事業部として発足 通称名:駒草出版
『積木くずし 最終章』フジ系2夜連続ドラマ化
ミハマビル9Fへ移動
『いないときに来る列車』 コミックス刊行開始
DVDブック『小栗康平コレクション』(全6巻)刊行開始
秋葉原邦洋ビル2Fに移転
『証言で綴る日本のジャズ』ミュージックペンクラブ音楽賞受賞
『「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街』6刷
『ラーニング・ザ・タロット』10刷
『数秘術の世界』8刷
ダンクグループ プライバシーマーク取得
『デリヘルドライバー』第40回講談社ノンフィクション賞最終候補作品にノミネート
『48手ヨガ 江戸遊女に学ぶ女性ホルモンと体力活性法』8刷
『数秘術 完全マスターガイド』7刷

アクセス


大きな地図で見る

●アクセス

JR秋葉原駅昭和通り口・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 より徒歩約7分。

 

採用情報

駒草出版では現在スタッフの募集を行っておりません。

募集の際には改めてお知らせいたします。